月別アーカイブ: 9月 2015

中秋の名月(十五夜)

今宵は ” 中秋の名月 ” でした。彼岸行事も無事に勤まり、自分へのご褒美に 月見をして来ました。中秋の名月は ” 十五夜 ” ともいいますが、意味はご存じでしょうか。これは 旧暦の8月15日のことを指します。暦が普及する前、日本人は 満月を生活の節目と捉え、この月の満ち欠けの周期が旧暦の元となりました。昔、この日は初穂祭でもあり、収穫したばかりの作物を供え、神仏に感謝をし、満月を愛で、団子や芋を供えたのです。明治の文明開化で新暦が採用され、季節感がなくなってしまいましたが、こういうことを知っておくことは 大事だと思います。 京都に長く居ますので、月見の穴場を知ってます。それは 五山送り火・舟山の山腹、西賀茂のひっそりとした地にある正伝寺です。この日は 夜景拝観をされてるにも関わらず、案内板もなく 山道は真っ暗です。地元の人や写真を撮られる方が来てらっしゃいました。毎年、いや 毎秒見える景色が違いますので、これぞ ” 一期一会 ” と思えるのが月見の醍醐味です。十五夜に 毎年(あたり前)はないのです。 明治大学文学部教授、諸富祥彦氏のお言葉です。 「私は、私たちに最も力を与えてくれる視点は、「“自分はいつ死ぬかわからない”という動かしようのない事実をたえず思い出しながら生きること」だと考えています。私たちは、自分がまだ何十年も生きると思えばこそ、つまらないことにこだわってしまうのです。地位や名誉、世間体などを気にして悩んでいられるのも、まだかなり生きると思っているからです。でも、もしも自分が、あと一年しか生きられない、1年後には確実に死ぬと、と想定したらどうでしょう。のんびりしてはいられないはずです。他人の目や世間体を気にするのはやめて、自分自身にとって本当に大切なことを優先して、生きていこうと思うのではないでしょうか」 (『「他人の目」を気にせずに生きる技術』大和出版) 月見をしていると 心が軽くなります。それもそのはず、月の語源は もともと「ツク」と発音したところから始まるといいます。着く、付く、突く、就く…たくさん意味がありますが、民俗学では本来「憑く」という意味があったとされます。つまり、月には全知全能の神仏が「憑いている」という考えが根底にあると伝えられるのです。現代でいう ” ツイてる♪ ” の元ですね。今宵の 中秋の名月から、ツキをいただきました(笑)。全知全能の神仏を味方に憑け、諸行無常や一期一会を偲ぶと、今 やるべき事がしっかり見え、明日への活力が湧いてくる・・・日本文化の素晴らしさを再認識した十五夜でした。合掌

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

”あの時”に感謝

9月に入りました。盆行事が終わり ホッとしています。今年は 先代が体調を壊し、私と弟子が 引き継ぎなしの状態で迎えましたが、無事 勤められたことは 大きな自信となりました。もちろん周りの協力は忘れてはなりません。 盆参りは 体力と時間の勝負です。多い日は一日40軒 詣ります。「家族がそろってるので ちょっと相談にのってくれ!」というお宅もありますが、正直 難しいです。気力や体力の面はもちろんですが、1軒 たった3分づつの時間オーバーでも、最終のお宅が2時間遅れになるのですから・・・。もちろん 誠意を持って聴くように努めますが、やはり時間には限りがあります。最終的にお伝えできることは「今、起きている現象は 必ず意味があります。嘆くばかりじゃ つまらないので、それを逆手にとって 悩みに感謝できるまで頑張ってみましょう! 思い出にしてしまえば 勝ちですから!」と投げかけます。仏教は 別の見方 を伝え、あとは自身で問答してもらうのです。 さとう やすゆき 氏のお言葉です。 「あなたにとって、もしも変えられるものなら変えたい過去とは、どんなものですか?「あのとき彼とケンカしていなかったら・・・」「あのとき仕事でミスをしなければ・・・」「病気にならなければ・・・」おそらく、すべてネガティブな気持ちから出発していると思います。そこで、こう言い直してみましょう。「あのとき、彼とケンカしてよかった」「あのとき仕事でミスしてよかった」「あのとき病気になってよかった」脈絡はいっさい捨てて、まずはすべての出来事に「これでよかった」と言ってみてください。そうしたら「なぜよかったか」を考えてみましょう。一見マイナスのように思える出来事でも、見方を変えてみれば自分を成長させてくれるきっかけになっていることがわかるはず。過去の「事実」を変えることはできなくても、過去の「イメージ」を変えることはできます。そして過去が変われば、現在も未来も変わってくるのです」(『ココロ・言葉・行動 1日にひとつ、変えてみる』 三笠書房) 先代は元気になりましたが、本格的な法務復帰は まだまだ先になりそうです。色々な困難はありますが、視点を変えれば、私は住職として 他寺のご住職や檀信徒と触れ合う機会が増えた訳ですし、弟子や家族も心構えが変わります。先代も新たな修行の始まりだと存じます。さとう氏が仰るように、” 未来を嘆くのでなく、まず過去(あの人、あの時、あの場所)を許し、感謝する ” ・・・ 起きた出来事を真摯に受け止め、未来への一歩を踏み出す勇気が 幸福へと繋がるのだと思います。仏前に手を合わす行為は、まさしくこのことにつながります。合掌

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。