spaceトップページ西願寺について西願寺の七不思議蛙毘沙門天について納骨と骨佛について平成方丈記(blog)西願寺への交通アクセスspace
骨仏について
琵琶法師 金森昭憲

倍返り御守
西願寺の七不思議
琵琶法師 金森昭憲









リンク
掲載記事

金森 昭憲


滋賀県近江八幡市出身

人間国宝 山崎旭萃
総範に師事し、筑前琵琶を習得。

琵琶 弾き語りのあとに、物語の教訓をお話します。

・浄土宗 西願寺住職
・浄土宗芸術家協会 会員

金森昭憲
「琵琶」との出会い
京都のお寺(嵯峨釈迦堂・清凉寺)に修行中、宿舎内で江頭法輪(えとうほうりん)氏の琵琶のテープに出会い、感銘を受けたのがきっかけです。江頭氏は昔、清凉寺内におられた琵琶法師で、教育を宗とした琵琶を語っておられました。10歳の頃、法隆寺で初めて聴いた琵琶が師の演奏で、憧れの江頭氏とこのような形で再会したのは仏縁を感じます。

「琵琶説教師」とは
琵琶は物語を語り、楽器自体は効果音の役割をしています。琵琶の物語は「諸行無常」という強いメッセージを発していますが、最近は古典芸能化し、 その教訓を糧としようとする方が少なくなりました。そこで私は自らを「琵琶説教師」と名乗り、琵琶演奏の後、教訓をお話する時間をとっています。 出来るだけ平易な言葉を使い、わかりやすい琵琶や法話を心掛けています。

「琵琶説教」で志していること
物語はイメージの世界です。この中には時間や空間が今も尚、生き続けています。私自身も情景を伝えるため、必ず現地に行って遺跡や風景を見て布教するように努めています。 便利な世の中ですが、本物を生で見ることが大事だと思います。知識だけではわからない世界を伝えられれば思っています。

語る物語、その内容
「琵琶説教」は全体で1時間程頂戴してます。琵琶は20分程で、あとは法話になります。琵琶演目は、『平家物語』の「祇園精舎」「熊谷発心」「那須与一」 「勧進帳」「鵯越えの逆落とし」等を得意としています。その他、「耳なし芳一」「忠臣蔵」「豊臣秀次」「黒田武士」「方丈記」「大坂の陣 淀君」「戦艦大和」。お能の「隅田川」「土蜘蛛」「道成寺 安珍と清姫」。 仏教物語では「法然上人御一代記」(全四段)、「幽蓮房円照」「重衡受戒」「二祖対面」「二河白道」「親鸞聖人 板敷山」「蓮如聖人 吉崎炎上」「高野山 お照の一灯」「良寛どの」等を語ります。

この布教を通じて目指していること
現代はテレビやパソコン・携帯等の影響で、視覚からの理解が主となり、イメージ力が育たない若者が増えてきたようです。そこで、心を鎮めて想像力をかき立てるこの楽器が、 布教の一躍を担えればと考えています。「琵琶説教」から日本の文化の素晴らしさ、過去の偉人や英霊、神仏やご先祖様のお陰などを感じる方が増えていけば幸甚です。


*本WEBサイトの全ページの画像・文章・映像等を無断で複写・複製・転載することを禁じます。Copyright (c) 2012 SAIGANJI Temple. All Rights Reserved.