spaceトップページ西願寺について西願寺の七不思議蛙毘沙門天について納骨と骨佛について平成方丈記(blog)西願寺への交通アクセスspace
骨仏について
琵琶法師 金森昭憲

倍返り御守
西願寺の七不思議
琵琶法師 金森昭憲
リンク
掲載記事




撮影:OFFICE萬瑠夢


蛙毘沙門天について

びしゃもんてんぞう (かえるびしゃもんてん)毘沙門天像(蛙毘沙門天)

毘沙門天像
毘沙門天像
寺伝によると、豊臣秀次公は、天正12年(1584)の小牧・長久手の戦いで家康に破れた時、 軍神・毘沙門天像を作り信仰されたとあります。その功徳があってか、後の戦は連戦連勝。豊臣家は天下を取り、秀次公は関白にまで出世されました。その念持仏が当山の毘沙門天であると伝わります。
もともと、この船木一帯は天台密教の修行地であり、毘沙門堂が備えられていました。このことから像の伝来は、この地域と当山のつながりの深さを物語っています。
毘沙門天像足下 当山の毘沙門天像は蛙模様の靴を履かれたユニークな特色があります 。

倍返り御守

当山の毘沙門天像が蛙模様の靴を履かれていることになぞらえて「秀次公のご出世」 と「かえる」を掛けて、拝むと倍の功徳が返ってくるとの信仰が広まり、「蛙毘沙門天」の名で親しまれています。

                    一枚300円

 倍カエルの六功徳
@お金がかえる (金運、勝運)
A無事かえる (交通安全、家内安全)
B若がえる (心身健康、良縁)
C失くしたものがかえる (さがしもの、信用)
D初心にかえる (自己実現、学業、芸能)
E家や商売がさかえる (安産、商売繁盛)

以上の六功徳で ”しあわせ むかえる”

御守

お参りの仕方
蛙毘沙門天にお願いされる際には、御守を両手に挟み、合掌をして願い事をお祈りください。その後は、財布等に入れて身につけるようお持ちください。

※家族や友人のために御守を求められる方は、お渡しの際、自宅から北へ向かってお祈り事をするようにお勧めください。

お参りの仕方



毘沙門天のご利益

毘沙門天は、もともとインドの古代神話に登場し、ヒンズー教ではクーべラという「財宝の神様」として信仰されていました。また、四天王の一人、北方守護の多聞天としても有名で、名前の通り『すべてを聞きもらさない智慧」の功徳を持っておられます。この四天王最強の毘沙門天は、「軍神」として崇められ、足利尊氏や上杉謙信、当山開基の豊臣秀次公も熱心に信仰されました。また美の神・吉祥天を妻に持ち、さらに「七福神」のひとりでもあり、弁財天も憧れておられます。

強く、賢く、財産を持っていて、異性にもてる…つまりご利益は、心には勇気と決断、暮らしには、財産、恋愛(魅力が出る)という物心両面の福を授け、もちろん戦いにおいては、勝運(出世運、賭け運)を与えてくださる万能神として信仰されています。
特に、西願時の毘沙門天は、蛙模様の靴を履いておられ、「倍返り」のご利益を持っていると伝わります。近江八幡へお越しの際は、是非ご縁をお結びくださいませ。








蛙毘沙門天 御朱印   

    300円で御朱印させていただきます。


※観光寺院ではありませんので、 急な参拝、  御朱印はできない場合があります。





*本WEBサイトの全ページの画像・文章・映像等を無断で複写・複製・転載することを禁じます。Copyright (c) 2012 SAIGANJI Temple. All Rights Reserved.