月別アーカイブ: 8月 2012

処暑

「処暑(しょしょ)」となりました。処暑とは「暑さが終わる」という意味で、日中はまだまだ暑いですが、朝夕は心地よい風を感じます。夕暮れ時には、夏に別れを告げる虫たちが鳴き始め、秋の気配を感じる今日この頃です。 お寺では、盆行事の大半が終わり、残すは「地蔵盆(じぞうぼん)」のみとなりました。これは子供が主役のイベントで、子供の守り本尊であるお地蔵様に願いを込め、縁日の24日前後に、大きな数珠を子供達みんなで回す儀式です。けなげに数珠繰りをする子供達に幸せになって欲しいと願うばかりですが、私が子供の頃と変わったことは、お菓子を与えても大して喜ばなくなったことです(笑)。昔はそれが楽しみで参加したものですが、今は好きなお菓子だけを選り好みして置いていく子供が増えています。それだけ間食が当たり前になったんだと思います。 ある本によると、食事の代わりに、お菓子やジャンクフード、飲料類ばかり 飲食している子供や大人は、栄養失調[体]だけでなく、精神状態[心]も不安定なると書いてありました。母性愛が乏しく、育児を放棄したり殺したりする犯罪者の女性の多くは、右脳の中に「マンガン」が不足しているというデータまで出ているようです。ウサギをマンガンなしのエサで育てると、子を育てなくなることから、「愛情のビタミン」とも呼ばれているようです。マンガンは、穀物やひじきや青野菜に多く含まれ、ホルモン分泌を活性化させる働きをするようです。 考えてみますと、「愛情のビタミン」はお盆にご先祖様にお供えをしたものばかりでありますね。夏バテであまり食が進まない時季ですが、ちゃんとした旬の食物を取ることが大事なんだと、またまたご先祖様から学ばせて頂いた気がします。明日、隣寺の厳浄寺様をお借りして地蔵盆(19時より)を行います。合掌  

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

立秋

明日は「立秋(りっしゅう)」です。文字通り秋に入ることですが、実際は夏一番の熱い時季です。今日から「残暑見舞い」になりますが、これほど暦と季節感のずれを感じる日はありません。 自坊の西願寺は、立秋前の土日が墓回向の日と決まっており、今年も沢山のお詣りがありました。終日炎天下におりますので「おっさん、暑くないのか?」とよく聞かれますが、私は必ず「あきらめていますから!」とお答えします。半分ウケ狙いですが、実は「あきらめる」は仏教用語からきています。今では「仕方がない状態を断念する」という否定的な意味で使われますが、本来は、仏教の「(物事の真理を)明らかに見る」が次第に変化して「あきらめる」になりました。ですから、とても意欲的な言葉で、私は好んで使っています。 もちろん僧侶といえど、スーパーマンではありません。墓参りは正直しんどいですし、できるだけ体調を整えて何とか出来ることです。お金儲けだと心ないことを言われる方もありますが、バイトの対価として考えるなら絶対にやりません(笑)。それは、住職としての使命とプライド。そして、この墓参りが檀信徒家一族の幸せとなって返ってくる行為だと確信する(明らかに見る)からこそ、心からさせていただけるのです。 人間は嫌なことに直面すると、逃げることを考え、踠(もが)こうとします。しかし、踠けばもがくほど、苦しみという海底に吸い込まれていきます。踠けば体はどんどん沈んでいく…しかし、物事を真理に照らし合わし「明らかに見る」ことができれば、いらぬ力が抜けてきます。力を抜いて、水に身をまかせれば、体はゆっくりと浮び上がっていくのです。つまり人生は、大きな海の中にいるようなものですから、大いなるもの(仏)に身をまかす気持ちが芽生えれば、その信仰心が浮き輪となり、必ず救われるのであります。ここから我身、自心というもの離れた「あきらめの境地」が出てくるのです。この墓参りを通じて、仏様やご先祖様に護られてるという思いの方が1人でも増えていただければ、炎暑での回向も、私は喜んで「あきらめる」ことが出来ます(笑)。西願寺の檀信徒様、今年もよくお参り下さいました。合掌

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。