月別アーカイブ: 1月 2015

粋な人

今月28日で、いよいよ40歳になります。ここまで育てて頂いた両親、先祖、有縁の方々に 心より御礼申し上げます。『 論語 』 に 「 四十にして惑わず 」 とあります。人は40歳になれば、人生の方向が定まって迷わなくなるといいます。僧侶として、さらに深みのある40代にしたいと思います。人生60年までの 重要な10年間と考えます。 思えば20代は 「 信仰 」 をテーマに全力で駆け抜けました。質素倹約に努め、20代最後に 10年間貯めた全財産を 世のために寄付したのは よい思い出です。 30代は 「 布教活動 」を全力でなしました。組織に属さず、自らの持ち味を生かし、唯一のジャンルを築けたことは 私の誇りです。 では40代は・・・「 粋 」な生き方がしたいです。粋とは、” 気質・態度・身なりなどがさっぱりとあかぬけしていて、しかも色気があること ” とあります。つまり、粋になるには 言動だけでなく、色気も必要になるわけです。それは 内面から湧き出るオーラや余裕のようなものだと思います。色気には、様々な意味がありますが、一つに ” おもしろみ ” とあります。40代は ここを磨こうと思うのです。 昨年末、お寺を離れた忘年会に伺いました。プライベートでは学生以来です。一般の方と酒を酌み交わし、どんな話ができるのかと楽しみに出かけたのですが・・・そこで痛感したのは、僧侶でない私に 魅力がないことでした(汗) 。私は役柄、悲しい場面に対面する事が多く、人に楽しんでる姿を見せてはいけないと、どこか人生を我慢していたのだと思います。そこが 人間としての … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

未年の心構え

新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。平成27年の未年となりました。動物に当てはめると羊の年になります。 羊は群れをなして行動するため、国家の平和、家族安泰をもたらす縁起物とされます。胃袋を4つ持ち、食物を何度も噛み直して 健全な体を作り、乳や羊毛を、また皮や肉や骨、命までも捧げ提供し、社会に貢献します。 つまり、羊は ” 陰徳(いんとく)の動物 ” です。陰徳とは 人知れずよいことを行うこと。仏教は この行為を大切にします。ことわざに 「 陰徳あれば 必ず陽報あり 」 とありますが、「 人知れず良い行いをする者には、必ず良い報いが現れること 」 を信じるのです。これが大事だと 羊は教えてくれます。世間では 得することばかりを考える情報にあふれていますが、結局 その中から何が大事なのかということを 今一度、咀嚼する年なのだと思います。 また、未は「いまだ」とも読めますが、今が完成ではないとを自覚する年でもあります。自分に足りないものを見直してみましょう。羊のように陰徳を大きく積めば、(羊が大きいと書いて) ” 美 ” という漢字になります。特に今年は 謙虚な心で、羊のように、おだやかな、美しい心で過ごしたいものです。皆様にとって、良い年になることを祈念して、正月の挨拶に代えさせていただきます。合掌

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。